【2021年9月29日】プラットフォーム学連続セミナー Vol. 3
『スマート漁業とプラットフォーム学』
〜海洋資源の保全と豊かな食文化の維持を目指して〜
情報学と複数領域を連携させ、新しい価値創造を目指すプラットフォーム学。このプラットフォーム学を扱う京都大学「社会を駆動するプラットフォーム学卓越大学院プログラム」では、プログラムの一環として毎月セミナーを開催していきます。
第3回の今回は「スマート漁業×プラットフォーム学」がテーマ。
SDGsのゴール14「海の豊かさを守ろう」を目標に、ICTやセンシング技術、ビックデータ解析などを利活用しながら、海洋資源の保全を果たしつつ、同時に従事者減少などの産業課題を解決していける、持続可能なこれからの漁業や水産業の在り方を議論します。
『スマート漁業とプラットフォーム学』 『スマート漁業とプラットフォーム学』
TOPへ戻る